統合失調症と医療の改善策

将来的に医療に頼るよりも、今から少しずつ生活習慣の改善を

PAGETITLE
人は、病気になったり体調がすぐれなくなると、医療の助けを借りようとしますが、大抵の人は、医者にかかる前に、体質の改善や食事の改善などで症状が重くなるのを食い止める事が出来る場合が多いものです。
成人病などとも言われる生活習慣病は、日ごろの生活習慣や食生活、喫煙や運動の有無などが、病気の発生などに非常に大きな影響がある諸症状を指しますが、がんや脳疾患、心疾患などが挙げられます。
この三つは日本人の死因トップ3となっています。
そのほかにも糖尿病や肥満なども生活習慣病と言われています。


これらの生活習慣病に大きな影響を及ぼすのは、まず何と言っても喫煙です。
含まれるニコチンやタールが直接肺に影響を及ぼすだけでなく、血液にのって、体のあちこちに害を及ぼします。
血管そのものを収縮させる作用もあり心疾患や脳疾患を引き起こします。
禁煙が健康への一番の近道です。
その次に影響が大なのは食生活です。
もともと日本人は農耕民族で肉をあまり食べなかったのですが、食の欧米化によって肉や乳製品をたくさんとることになり脂肪摂取の増加に伴って、大腸がんや乳がんの増加がみられます。
甘いものの取りすぎでの糖尿病にかかる人もいます。
食生活の変化は止められませんが、脂肪の多いものや甘すぎるものを控えて、野菜や果物をたくさんとりましょう。

体質の改善というと難しい気がしますが、少し気をつけてそれを継続していくだけで、将来の病気の発生を食い止めることができるかもしれません。病気になってからあわてるよりも、いまからすこしずつ悪い習慣を減らしていきましょう。

注目のキーワード

Copyright (C)2017統合失調症と医療の改善策.All rights reserved.