統合失調症と医療の改善策

病気の症状を改善するには医療に頼るだけではダメです

PAGETITLE
人間は出来るならば健康に過ごしたいものです。

しかし、長い人生のなかでずっと健康のまま過ごしていける人はほとんどいないことでしょう。多くの人が何かしらの病気や怪我などに悩まされるケースが出てきます。
その際に頼ることになるのが病院などをはじめとした医療です。
病院に通院することは病気の症状を改善させるためには最良の方法の一つです。

しかし、病院に通院するだけで病気の症状が完璧に良くなることは少ないでしょう。

例えば、歯が痛くなり歯科医院へ通うことになったとします。
むし歯と診断されて治療することになりました。
歯科医院に行けば、薬を処方してもらえたり治療を施してくれます。
むし歯の症状が和らぐことは紛れもない事実でしょう。
しかし、自分自身で日々、歯の健康を保つための努力をしないことにはむし歯も完璧に良くなることはありません。歯科医院に通院するだけで、毎日の歯磨きを怠っているような生活を送っていてはむし歯が完璧によくなることはない、ということです。
また、骨折などの怪我を負った場合でも整形外科などの病院にて治療を施してくれます。

しかし、最終的な治療段階となるリハビリテーションは自分自身の努力によって行わなければなりません。このように、病気などにかかった場合は病院などの医療に頼ることは大切です。

しかし、一番重要なのは自分自身が病気を治そうと努力することなのです。
医療に頼りっぱなしでは駄目だということです。

注目のキーワード

Copyright (C)2017統合失調症と医療の改善策.All rights reserved.