統合失調症と医療の改善策

医療の改善のための視野

PAGETITLE
医療の改善の活動などが、全国的に行われているようですが、国の方からの運動も大切ですが、やはり国を構成しているのが国民なので国民の意識が変わらないと、その選択肢も狭まってしまうと思われます。
結局は医療は人間が医療技術や科学を利用して人間を治療するものですから、人の力が大切になるのは当然のことだと思います。
けっこう医療というと何か特別な治療をするような別のレベルのイメージがありますが、本来はそうではなく医術は仁術という言葉に帰るのではないかとも思います。
最近は特に精神的なストレスからくる病気がクローズアップされていますので、その意味でも全国的な医療の改善が大切になってきているように思います。


医療や、それに従事する人々の質の向上ですが、心構えや志とも言い換えることができるように思います。
その一方で患者の方も、それは言えていて、医療をする側の人達を信用しなかったり、嫌ったりする傾向がある人も多いように思います。
特に精神疾患の方面では、そのような例が多くあるように思います。
どちらにも問題があるのかもしれませんが、医療の改善には、現実的な医療技術と精神面の関係者の改善が大切で必要な要のも思えてきます。
またそのためには視野が広くならないと難しいのではないかとも思います。
いろいろな分野の知恵を集めながら、その中から最善のものを選んで、採用していく時に進歩や改善も実現できるのだろうと思います。
それが医療の改善の最初ではないかとも思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017統合失調症と医療の改善策.All rights reserved.